伏見ビル・サロン  大阪市中央区伏見町2-2-3 伏見ビル3Fサロン

 


  伏見ビル3Fサロン催し物案内ご利用案内お問い合わせ・お申し込み
 



2017クリスマス作品展
+船場・パリ・一森育郎からのメッセージ


11月30日(木)12月1日(金)2日(土)
11:00〜18:30 最終日は17:00まで

下記、<船場博覧会>での展示を併設でお楽しみいただけます。
一森育郎の50年の歩みとともにお楽しみください。
お待ちしております。

伏見ビルサロン












一森育郎<IKUO> パリから世界のビジューのトレンドを創り続ける
日本人唯一のフランス工芸家協会正会員。
パリのアパルトマンを彷彿させる伏見ビルの佇まいが気に入り、
20数年前から毎シーズンコレクションを発表しています。
IKUOのヒストリーとメッセージを感じていただきたく、
過去から現在に至る作品、資料を展示します。



11月20日.21日.22日.23日 11:00〜17:00



主催:船場博覧会実行委員会
後援:大阪市




http://mode-jp.com/ikuo/

http://ikuoichimori.com




   

渡仏から50年、ボザール国立芸術大学の教授、ジルベール・パワイラ氏の紹介でクチュリエ/マダム・ローラ・プルサックとの出会いから始まったアクセサリーデザインナーとしての道。斬新なフォルムが途切れることなく生まれてくる年2回のコレクションの発表で、<IKUO>のファンは確実に増えつづけている。 彼の作品の魅力もさることながら、彼自身がとても魅力的だから と言う。
<一森育郎からのメッセージ>として、彼の創作活動の中にある人への想い、自然への想いをパリからのメッセージとしてIKUOの歴史を紐解く作品、資料を初めて一堂にご覧いただきます。

作品資料は古くからの友人、コレクターの方々のご協力をいただきました。

<船場・パリ・一森育郎からのメッセージ>を
パリの佇まいで今も流れる時と共に感じてください。









 
     
 


伏見サロンギャラリー内 伏見サロン2 伏見サロン3 3Fサロン玄関 サロン内 サロン内

サロン玄関 伏見ビル全景 伏見ビル玄関 階段から見た玄関梅鉢 伏見ビル前景 




ゆったりと落ち着けるギャラリーとしてご利用ください。お気軽にお問合せください

伏見ビルは大正時代に建てられた有形文化財に登録されている建築物です。
大阪ミュージアム構想・船場建築ガイドでも紹介されています。